Squeakのインストール方法(nihongo7をLinux環境へ)

squeak.png

ここでは、Squeak nihongo7をLinux環境にインストールする方法について説明します。
(VMにはSqueak3.6.3-JPatched.tgzを使います)

準備

Squeakland.jpの開発者版のダウンロードページから以下のファイルをダウンロードしてください。
開発者版のダウンロードページ

  1. SqueakVM3.6.3-JPatched.tgz
  2. SqueakNihongo7.zip
  3. SqueakV3.sources.zip

これらのファイルを全て/tmpにコピーしておきます。

作業では、圧縮解凍ツールとしてunzip, gzip, tarを使います。あらかじめ用意してください。

システムインストール手順

  • rootユーザーになります。
  • 1.のVMファイルを/usr/local/srcに展開します。
cd /usr/local/src
tar xzf /tmp/SqueakVM3.6.3-JPatched.tgz
  • SqueakVM3.6.3-JPatchedに移動します。
cd SqueakVM3.6.3-JPatched
  • プラグインディレクトリを作成して、プラグインをコピーします。
mkdir -p /usr/lib/squeak/3.6.3
cp *Plugin vm* /usr/lib/squeak/3.6.3/
  • 実行ファイルをコピーします。
cp squeak /usr/bin/
  • 2.のイメージファイル、チェンジファイルを展開して、コピーします。
unzip -x /tmp/SqueakNihongo7.zip -d /usr/lib/squeak/
  • 展開したファイルをgzip圧縮します。
gzip /usr/lib/squeak/SqueakNihongo7.image
gzip /usr/lib/squeak/SqueakNihongo7.changes
  • 3.のソースファイルを展開して、コピーします。
unzip -x /tmp/SqueakV3.sources.zip -d /usr/lib/squeak/

これでLinuxシステムへのSqueakインストールが終了しました。

ユーザーインストール手順

以下は、Squeakを使うユーザー毎のインストール作業です。

  • ユーザー用のsqueakフォルダを作成します。
mkdir ~/squeak
  • 作成したフォルダにsqueakをセットアップします。
cd ~/squeak
/usr/local/src/SqueakVM3.6.3-JPatched/inisqueak
  • 以下のメッセージが表示されたら、1 [Enter]を入力する。
No default image, looking for alternatives...

I found the following images:
     1  SqueakNihongo7
Which one should I install [1-1]?
  • Squeak画面が表示されれば完了です。
  • 次回からは作成したフォルダ内で以下のコマンドを入力するか、起動アイコンなどに登録して起動してください。
squeak ~/squeak/squeak.image &

この例では、/usr/local/src フォルダを使って作業を行います。
必要に応じて別のフォルダを選んでください。

最終更新時間:2006年09月26日 10時08分41秒