ゲームコントローラ対応プログラム


概要

試合を管理するゲームコントローラに対応するプログラムを作成します。
(ゲームコントローラからの指令によって、対応するSTN番号のプログラムが自動的に起動されます)

内容

  • Initial(STN番号=0 初期状態)
  • Ready(STN番号=1 ポジショニング)
  • Set(STN番号=2 待機)
  • Play(STN番号=3,4,5 試合開始)
  • Finish(STN番号=6 試合終了)
  • Penalty(STN番号=7 ペナルティ)

Initial(STN番号=0 初期状態)

電源投入直後の動きをプログラムにします
例)標準姿勢になってランプを点ける

Ready(STN番号=1 ポジショニング)

指定された位置に移動するプログラムを実行します。
例)ゴールキーパーがゴール前に移動する

Set(STN番号=2 待機)

試合開始の合図を待ちます
例)標準姿勢のまま、ボールを探したり自分の位置を把握します。

Play(STN番号=3,4,5 試合開始)

試合を行うプログラムを実行します。

Finish(STN番号=6 試合終了)

試合が終わったときの動作をプログラムします。

例)ダンスするなど。

Penalty(STN番号=7 ペナルティ)

ペナルティ時の行動(標準姿勢で顔を下げ、15秒間何もしない)をプログラムにします。
ペナルティ時の行動は全プレイヤーで共通で、この状態遷移図は4年生が作成します。各チームは共通の状態遷移図をコピーしてそのまま使ってください。

ペナルティの状態遷移図ダウンロード

07.dst