TD4Simulator

td4simulator.jpg

「CPUの創り方」のTD4のSqueak版シミュレータを作成しました。

書籍で触れられているシミュレータと比べたときのメリットとしては、

  • Squeak上が動くマシン上ならどこでも動く。(Macで動かしたかった…)
  • プログラムのソースコードを読める。
  • 自分で改造が可能。

が考えられます。逆にデメリットとしては、

  • Squeakをインストールしてなければインストールが面倒
  • ソースコードが汚い。設計もずさん。
  • きっと改造する気になれない。
  • 多分バグがある。

が考えられます。
伊藤ゼミ学生向けのものなので、それ以外の方は上記のデメリットをご理解の上、心してお使いください。
なお、機能等一切の保証はありません。

ダウンロード version 0.2

td4-basic.st
td4-cpu.st
td4-ui.st

インストール

  • Squeak2005Jをインストールしてください。(開発者版推奨、プラグイン版でも多分動作可能)
  • 上記3ファイルをSqueakと同じフォルダに保存してください。この際、拡張子が.stになるように気をつけてください。
  • Squeakを起動します。
  • デスクトップをクリックして、「開く…」「ファイル・リスト」を選びます。
  • 右上のペインから上記の3つのファイルを一つずつ選び、順に「filein」を押して行く。
  • デスクトップメニューで「保存」しておけば、次回もインストールされた状態になります。

起動

  • ワークスペースで以下の式を入力したら、式全体を選択してAlt-Dを押します。
TD4Simulator new openAsMorph openInWorld

使い方

ブザーがない点と、クロック関係のスイッチが2つに別れている点を除けば、書籍で参照されているシミュレータと同じだと思います。本家のものを使ったことがないのでよくわかりませんが。

ライセンス

上記3ファイルの著作権は、伊藤栄一郎(Eiichiro ITO)にあり、として公開します。

その他、TODOなど

気が向いたらパッケージ化します。

バージョン履歴

version date description
v0.01 2006/9/9 最初の公開
v0.02 2006/9/14 出力ポートの反応向上、クロック関係のスイッチをトグルスイッチにして2つに分離

リンク

http://book.mycom.co.jp/book/4-8399-0986-5/4-8399-0986-5.shtml